おっぱいサバイバー

2015年28歳で乳がん告知。闘病の記録と感情をつづるブログ。

闘病ブログを書き続ける理由

乳がんを告知されてもうすぐ2年。このブログ、おっぱいサバイバーを開設して1年半ほど経ちました。

この2年で、乳がんであると告白した著名人もたくさんいました。北斗晶さんは乳がん告知を受け、休業を経て復帰。小林麻央さんも、夫の市川海老蔵さんが会見を行い、乳がんであると告白していました。だいたひかるさんや、南果歩さんも、早期乳がんの闘病中だと報じられています。

特に、小林麻央さんは、ご自身で更新されたアメブロの記事がよくニュースに取り上げられています。北斗晶さんも、最近ではすっかりお元気そうですが、一時期は闘病のようすがニュースになっていたと思います。お二人に限ったことではないですが、著名人の闘病については、Yahoo! ニュースのコメント欄やSNSなどで、多くのユーザーからネガティブなコメントがつくことがあります。

例えば、「芸能人だから高額な医療も受けられて良い(いわれのない妬み)」「同じ病気の人のことをもっと考えて発信すべき」「〇〇な生活をしていたから病気になった」など。重病を患っている方に対して、そういったコメントをする人がいるのは本当に悲しいですし、同じ患者として恐怖を感じることもあります。

このブログも、誰かの妬みを買い、誰かを傷つけているかもしれない。わたしの過去を否定する(無理やりにでも、がんになった原因を見つけようとする)人がいるかもしれない。

それでも、わたしが闘病ブログを書き続ける理由は、3つあります。

1. 一人でも多くの人(特に若年者)が、乳がんを早期発見できる世界にしたかったこと
2. 乳がん治療に臨む人や、その家族の励みを増やしたかったこと
3. 1 や 2 が、わたし自身の励みになると確信したこと

おっぱいサバイバーってなに? - おっぱいサバイバー

乳がんは早期発見しやすく、自分自身で見つけることができ、きちんと治療をすれば治る可能性もとても高いです。そういう情報を少し多くの人に届けられば、誰かの命を助けられるかもしれないと思っています。

そして、わたし自身のハードな治療の間(いまはゆったりした治療中です)、もっとも励みになったのは、闘病を経て元気に暮らしている方の姿やメッセージでした。つんく♂さんや、麻美ゆまさんが、活躍されている姿をみては、自分も強く生きるぞ、と思っていました*1。著名人だけでなく、ブログやInstagramで、同じ病気を経て元気に暮らしている方の姿をみても、励まされていました。

だから、わたしがいまこうやって生きていることは、絶対に誰かの励みになると信じています。多くの人には必要のない情報でも、誰かひとりの命を救えるならば、ブログを書き続けることに意味があると思っています。

なので、わたしは、これからも闘病ブログを書こうと思います。もしも、闘病中の方で、ブログやSNSでの発信に悩んでいる方がいたら、参考になれば幸いです。