おっぱいサバイバー

2015年28歳で乳がん告知。闘病の記録と感情をつづるブログ。

産まない選択(がん治療と卵子凍結についての話)

特別お題「『選択』と『年齢』」いままでの人生をふりかえると、いくつもの選択をしてきました。一番初めにあった大きな選択は、中学3年生のとき、進学先を決めたことと、それにともなう入寮でした。その後も、進学、就職、引越し。誰かと付き合うこと、別れ…

それでもわたしは生きていく

小林麻央さんの訃報。あらゆる感情が押し寄せて、うまくことばにできません。もちろん悔しさはあるけれど、どこかで、やっとつらい闘病が終わったのだという安堵の気持ちがあります。どうか安らかに休まれることをお祈りしています。正直にいえば、いつか遠…

Wの悲喜劇の感想

先日の予告通り*1、Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜に出演しました! 6月28日まで無料視聴できますので、見ていない方はぜひご覧ください。知り合いや友人たちに「見たよ〜」「思ったより映ってた!」など感想をいただき、とても嬉しいです。と…

乳がんブロガーとしてAbemaTVに出演します

乳がんブロガーとしてAbemaTV Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜に出演します。放送日は、今週末5月27日(土)の23:45-00:45です。翌日の17:00-18:00に再放送もあります。それぞれ放送後1ヶ月は無料で見逃し配信も見られようなので、リアルタイム…

乳がん患者として、インターネットのがん情報と向き合う上で気をつけていること

ネットの医療・健康系検索結果についての記事が話題になっています。「がんに関する情報は命に関わりセンシティブである」という問題提起には、まさに治療中の身として強く共感します。さて、記事の中で、わたしがもっとも気になったのは「正しい検索結果と…

乳がん後の健康診断への行きたくなさと戦う

会社の健康診断(人間ドック)に行きました。会社員は必ず健康診断に行かなくてはいけないと、たしか法律で決まっていたはず。詳しいことはわからないけれど。健康診断で乳がんの疑いが発覚した身としては、その有り難さと重要さはとてもよくわかります。わ…

卵巣がん闘病記「元気になるシカ」を読んだ

卵巣がんを体験された藤河るりさんの「元気になるシカ」というコミックエッセイを読みました。昨年9月の発売直後から、Twitterなどで良い感想を目にしていたし、卵巣腫瘍を体験した知人からも紹介されたこともあり、ずっと気になっていました。ただ闘病記を…

乳がん3年生になりました

乳がん告知を受けて、まる2年が経ちました。今日から乳がん3年生です。一昨年の告知直後から去年の5月2日までは、治療と社会復帰のリハビリに費やした1年間でした。それに比べて去年からいままでの1年間は、無理のない範囲で新しい挑戦をし、できるだけ好き…

若年性乳がんオフ会と、友だちのインタビュー

同じ若年性乳がん患者で、かつ同じ病院に通っている仲間4人で飲み会があったので参加しました。この会は2回目。いつもSちゃんがいつも音頭をとってくれています。InstagramやLINEを駆使して、仲間を集めてオフ会を企画するSちゃんは、ほんとうに尊敬します。…

闘病ブログを書き続ける理由

乳がんを告知されてもうすぐ2年。このブログ、おっぱいサバイバーを開設して1年半ほど経ちました。この2年で、乳がんであると告白した著名人もたくさんいました。北斗晶さんは乳がん告知を受け、休業を経て復帰。小林麻央さんも、夫の市川海老蔵さんが会見を…

抗がん剤による脱毛から、治療後の発毛、カラーリングとパーマをするまで

先日、久しぶりにパーマをかけました。夫とほぼ同じ髪型になったので、自他ともに「林家ペーパーみたい」と思っています。パーマをかけたのは、抗がん剤治療が終わってから約1年5か月経過したタイミング。髪は15cmくらい伸びていて、もう脱毛していた面影は…

NKJK読みながら泣いた

NKJKという漫画を読みました。インターネット上で良い評判を見かけたので、軽い気持ちで買いました。全二巻。[まとめ買い] NKJK(アクションコミックス)作者: 吉沢緑時メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るひとことで言えば、「大病を患った親友の…

乳がんになって、抗がん剤治療をしたけれど、ふつうに働いています

乳がん治療のための休職から復帰して、ちょうど1年が経ちました。復職直後は1日4時間ほどの勤務でしたが、徐々に勤務時間を伸ばし、昨年12月から、もとの通り週5日フルタイムで働いています。わたしの治療は、抗がん剤、手術、放射線、分子標的薬(ハーセプ…

わたしの初めてのHIV検査

12月1日は世界エイズデーです*1。10代だった頃、イルミネーションが光る駅前で、エイズ予防の啓蒙としてコンドームを配っていて、とても印象深く記憶に残っています。わたしの初めてのHIV検査は、乳がん告知を受けた直後でした。 HIV検査を受けるという意識…

「がんでも長生き心のメソッド」は、すべてのがん患者とその家族にオススメの本

聖路加国際病院精神腫瘍科の保坂隆先生と、乳がんステージ4患者でコピーライターの今渕恵子さんの共著「がんでも長生き心のメソッド」を読みました。 今までに読んだがんに関する本、生き方に関する本の中で一番良かったです。がんでも長生き 心のメソッド作…

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」に答えます

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」 1.はてなブログを始めたきっかけは何ですか? 乳がん告知の直前から直後にかけて思っていたことのひとつに「インターネットのがん情報は、残念ながら、良いものばかりではな…

がん告知直後のインターネットの情報との向き合い方

もし、自分自身や、家族・友だちが「がんかもしれない」という状況になったら、どんな行動をとるでしょうか。がん検診や健康診断で再検査となったり、疑わしい症状が出ていたら、いてもたってもいられないと思います。そして、インターネットで検索し、病気…

術後1年検診異常なし&ハーセプチン治療を終えました

乳がん手術から約1年。PET CTとマンモグラフィー検査をし、異常なしで無事パスしました!あわせて、告知後間も無くからトータル1年間の投与をしたハーセプチン(分子標的薬)の治療も終わりました!とにかくめでたい。すこし細かく以下にまとめます。

がん治療を支えるネットショッピング術

ネットショッピングがないと生きていけません。生鮮食品や生活必需品はネットスーパーで宅配してもらっているし、米や化粧品など一定のペースでなくなるものはAmazon定期便を使っているし、洋服が大好きなので毎日ZOZOTOWNをチェックしているし、それらの決…

今年も清水寺がピンク色にライトアップ

10月はピンクリボン月間。去年の今ごろはまだ、手術前で精神的にも不安でした。清水寺のピンクのライトアップを拝観し、お坊さんのおことばを聞いて、心に沁みたのを覚えています。 ピンクの清水寺 - おっぱいサバイバー 今年2016年も、グローバルランドマー…

同病の人とつながること、ふつうに暮らすこと、ブログを書くこと

連日、小林麻央さんのブログが話題になっています。Yahoo! ニュースを開けば、必ず1記事はトピックスに入っており、きっと日本中の人が関心を持っているのだと思います。著名人が闘病を公開するのは、病気の予防や早期発見、治療方法の啓蒙になるだろうし、…

乳がん患者がブログを書くことについて

小林麻央さんがブログを開設された*1と話題になりました。その前日、夫の市川海老蔵さんが「まおのきもち」というタイトルのブログを更新*2されていたため、一部のメディアでは「重大発表か」と煽られていました。わたしはポジティブな話であるよう祈ってい…

抗がん剤前には虫歯や痔にも気をつけたい話

先日、はてな匿名ダイアリーで、こんな記事を見つけました。anond.hatelabo.jpざっくりいうと、がん治療の高額な医療費とそれを支える医療制度に対する話ですが、わたしが気になったのは以下の部分です。 今のところガンに特効薬は無いのだが、1 日ごろから…

待合室で起きた拍手

わたしの通う病院は、非常に大きな大学病院です。がん患者専用の外来棟があり、抗がん剤や分子標的薬の治療では、いつもそこに通っています。 がん患者専用の外来というと、どんなイメージを持つでしょうか。頭髪のない方や痩せた方、さらには車椅子の方が多…

復職から半年の間に気をつけていたこと

乳がん治療で休職すること8ヶ月。その後に復職して半年が経ちました。復帰の際、勤務時間は、リハビリの意味で週5日4時間でスタートしました。それから半年かけて少しずつ伸ばし、いまは週4日は6時間、1日は8時間(フルタイム)と勤務時間を伸ばせました。最…

ヌーブラが使えなくなったのでベアトップで代用する

温存手術を選んだことと、放射線治療が終わり半年以上経ち放射線焼けも落ち着いたので、治療前から使っていた下着(ワイラー入りのブラ)を使うことが多くなりました。病気と関係なしに、暑くて汗をかくのでブラトップを着ることも多いですが。しかし、ひと…

温存手術を選んで良かったこと

先日、沖縄に行きました*1。結婚記念日のお祝いという名目もあったし、夫婦で治療を乗り越えた慰労の意味もありました。わたしは、もともと乳房全摘手術を予定していました。告知の時点では、まだ腫瘍の大きさは分かっていなかったけれど「全摘でも良い」と…

小林麻央さんの乳がん告白と、著名人のがん報道に思うこと

昨日、小林麻央さんが乳がんであると、夫の市川海老蔵さんが記者会見を開いて告白されました。ネットやテレビのニュースはこの話題で持ちきりで、Twitterのトレンドワードにも入っていました。海老蔵さんの会見は、病気に対する理解が深く、家族への愛情も感…

笑顔で乗り切った、初めての抗がん剤

前回の記事は 乳がん告知から1年が経ちました でした。告知から約1ヶ月後には、3泊の入院で初めての抗がん剤投与を行いました。そして、そこから1年。自宅療養中は、できるだけ前だけ見ようと心に決めていました。そのため、初めての抗がん剤について考えず…

乳がん告知から1年が経ちました

去年の5月2日、乳がんの告知を受けました。 定期健康診断の乳がん検診オプションで要精密検査となり、その後に行った乳腺外科で針生検を受け、あれよあれよと言う間に宣告されていました。医師や看護士のようすから、「あ、これは乳がんかもしれないな」と思…